スポンサーリンク



スキルスがんを内視鏡画像で見た写真、胃壁全体の硬化と膨隆、潰瘍部分からの出血を見ることができる。
スキルス胃がんの内視鏡画像(Wikipediaより)
特徴的な胃壁の硬化と膨隆を見る。
通常の胃癌のような火口型の潰瘍は認めない。

スキルス胃がんの発症にかかわる遺伝子

スキルス胃がんの発症にかかわる遺伝子が同定された
という報告が2008年6月号(オンラインでは5月18日に発売)
に発表された。



胃がんの症例数が圧倒的に多いのは日本と韓国である。

その理由が塩分過多の食生活にあるとも、ヘリコバクター・ピロリの蔓延にあるとも言われていたが、スキルス胃がんに関しては食生活やピロリとのかかわりは指摘されていない。

さらに、日本や韓国だけに症例数が多いわけではなくて世界的に散見される疾患であることから、なにか遺伝因子的な問題があるのではないか(つまり遺伝的に起こりやすい何かを持つ人人がいるのではないか)ということが推測されていた。

(他の腸上皮化生型の胃がんが多いことから、早期診断方法や治療方法が進んでいるのは日本と韓国であることは記しておく。)


それを調べようと思うと、スキルスの患者さんやその家族、それと年齢や性別、慢性疾患の有無などのバックグラウンドを合わせた健常者の遺伝子を調べて比較する必要が出てくる。

しかも、30億塩基対並んでいる遺伝子情報のどこを比較すればよいかはわからないから、コンピュータ化されている部分が増えてきたとは言っても、結構大変な作業でもある。


実際にこの試みにかかわったのは日本の国立がんセンターを中心とした世界中の24の研究グループであった。

驚いたことに、前立腺がんのマーカーとして知られているPSCAという物質の遺伝子の発現の多寡がスキルス胃がんの発症に関係している可能性が高いという。


その論文は以下の科学雑誌のリンクにいけば、
登録することで英語の抄録が読めるが、
かいつまんで説明してみようと思う。

Nature Genetics 40, 730 - 740 (2008)

(ちなみにPubMedという科学検索サイトで英語抄録は登録しなくても読める。
 PSCAの遺伝的多型はびまん型胃がんの感受性に関連する

報告なので、「ですます調」で行きます。


この報告が少なからぬインパクトを与えた理由は、スキルスがんの発がん因子として重要だということがわかったことで、前立腺がん制御への取り組みに大きな影響を与えるかもしれないということにあります。

PSCA (prostate stem cell antigen) 前立腺幹細胞抗原というのはもともと前立腺上皮の比較的未分化な細胞、特に前立腺がんで発現している分子で癌の診断に用いられるだけでなく、これに対するモノクローナル抗体がネズミの実験では前立腺がんの進行を止めることがわかったことから、前立腺がん予防ワクチンでターゲットとされている分子です。

つまりPSCAを発現している前立腺がん細胞を攻撃する抗体医薬が開発に向けて研究されていたというわけです。





一方で今回の研究報告ではPSCAは胃粘膜上皮細胞でも、それが分化していくある段階で発現していること、その発現はどうやら上皮の増殖を抑制しているらしいことがわかってきました。

日本人や韓国人のスキルス胃がんの患者さんの遺伝子を調べて正常な人と比較したところ、スキルスがんの患者さんたちではPSCAの遺伝子の中の転写調節にかかわる部分に同じ変異があるというのです。

どういうことかというと、スキルスがんの患者さんたちの持つ遺伝子配列の場合、そうでない人に比べるとPSCAの発現量が少ないらしいのです。

それでPSCAを発現している段階の胃粘膜上皮細胞がコントロールを外れた増殖に陥りやすい、それが少なからずスキルス胃がんの発症に関連している可能性があるというわけです。


スキルス胃がんは通常の胃がんと異なり、胃粘膜の深いところの粘膜上皮が勝手にガンガン増えだして癌化するというもので、気づいた時は胃の全体ががん細胞で取り巻かれていることが多いのです。

PSCAの発現量がもともと少ない人がそういう事態に陥りやすいのは、胃粘膜上皮の分化過程のPSCAの発現パターンから納得しやすいものです。

PSCAの十分な発現が胃粘膜がスキルスがんにならないために必要なわけです。


さて、それでは前立腺がん予防を狙って、PSCAを発現している前立腺がんを殺すように作られた抗体医薬、これは胃粘膜上皮も殺してしまうのではないでしょうか?

胃に対する自己免疫病のようになる可能性があります。

もう一つ怖いのは、もしもこの抗体がPSCAを発現している胃粘膜上皮を殺さないけれども、その機能だけを阻害したとしたら、おわかりですよね?

スキルス胃がんが起こりやすい状態を誘導する薬になりかねません。


単なる杞憂で終わって前立腺がんの予防薬ができるのは理想的ですが、自分が癌になるときどっちか一つ選べと言われたら、私はスキルス胃がんよりは前立腺がんの方を選びたいです。

この辺のこと、慎重に慎重に、ネズミと人では違うこともありますから、慎重な検査・研究を進めながら薬を開発していただきたいものです。

posted by すきるすがん at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ピロリはやはりクロだった。胃癌の原因の可能性確認

ピロリはやはりクロだった。胃癌の原因の可能性確認

ピロリ菌ことHelocobacter Pyroliは胃粘膜に巣食う奇妙な細菌である。
発見者である研究者は自らピロリ菌を飲んで感染することでデータを取っている。
ピロリには日本人の半数近くが感染していると言われている。

ピロリがどうしてこんなに話題になるかと言うと、
サンプラザ中野がその名前の流通に貢献してくれているけれども、
けっしてピロリの名前が奇妙だからだけではない。

ピロリに感染すると胃粘膜がだんだんだんだん、やられてくる。
それはやがて委縮性胃炎に変わっていくのだが、
委縮性胃炎は胃癌の発生素地としてよく知られている。

また、それをさかのぼってピロリ感染率と胃がん発生率を比較すると、
明らかに相関関係があることから、
ピロリが何らかの悪さをして委縮性胃炎の病態を引きおこすことが、
あるいは委縮性胃炎は一つの結果でもう一つの結果が胃癌であると、
そのような推測がなされてきた。

しかしどちらががんの発生に問題となるのか、
ピロリの作るどんな成分が問題になるのか
それについてはまだ明らかにできないままであった。
しかし最近になっていくつかエビデンスが出てきた。
その一つがこのニュースである。

<ピロリ菌>やっぱりがん誘発 北大がマウス実験で初証明

1月8日12時38分配信 毎日新聞

 胃がんの原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌が作り出す「CagA」と呼ばれるたんぱく質によって、がんが発症することを北海道大の畠山昌則教授(分子腫瘍(しゅよう)学)の研究チームがマウスを使った実験で証明した。ピロリ菌が直接、生物の体内でがんを引き起こすことを確かめたのは初めてだという。全米科学アカデミー紀要(電子版)に8日発表した。

 研究チームは、全身の細胞でCagAを作るよう、受精卵の段階で遺伝子操作したマウスを222匹作った。うち2匹は約1年半後には胃がんを、4匹は小腸がんを発症した。さらに、17匹が白血病などの血液がんを発症し、CagAが胃がん以外にも関係する可能性も浮かんだ。一方、通常のマウス100匹も観察を続けたが、がんは発症しなかった。

 実験では、マウスの体内で「SHP−2」という酵素に関係した酵素が異常に活性化していることも判明。一方、CagAとSHP−2が結合できないようにしたマウスでは、がんは発症しなかった。

 畠山教授は「ピロリ菌に感染した人すべてが胃がんになるわけではないが、除菌の有効性を示唆する結果だ。SHP−2を標的にした治療法の確立も求められる」と話した。【関東晋慈、千々部一好】


メカニズムは説明してもつまらないので、省略する。
この際大事なことはこの結果の解釈だ。
これについて少し考えてみよう。

ピロリ菌が産生する特殊な分子が大量に存在すると胃癌だけでなくさまざまな癌が発生しうることがわかった。
これはこの実験系で用いた組み換え遺伝子操作の問題で、とりあえずCagAを全身で発現させて見たからわかったことだ。

本当に胃癌の原因であるかどうか知りたければ胃粘膜でのみこの遺伝子を発現させればよいが、残念ながらそれは行われていない。
遺伝子を特定の組織で発現させるにはそれに適した配列を用いなければならないが、胃粘膜発現に使える適切なプロモーター配列がまだ見つかっていないのだろう。

このことはしかしピロリ菌の産生するCagAの機能を示唆する結果となった。
細胞の増殖、あるいは生存に関わる機能を様々な組織で亢進することができる。
と言うことは、胃粘膜のどの細胞であっても刺激となりうるわけで、スキルスについてもその発生に関わる可能性は考えなくてはならない。
と言うのもスキルスの場合、他の胃がんとはどうも発生機序や活性化される信号伝達系が違うのではないかと考えられているからだ。(今もって明らかではないが。)

もちろん、スキルスの場合はある程度遺伝要因が疑われている。
もともとかかりやすい体質の人はいるのだろう。
しかしそこにさらにピロリによる細胞生存延長などが加わるとひょっとして?

そう考えるとそこのところを明らかにすれば、
ピロリ菌除菌の有効性がさらに上がるのみでなく、
有効性の高い治療法を発見できるかもしれない。
その点でここから先が楽しみな話ではある。
posted by すきるすがん at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

がんの悩みサポート電話相談室

がんの悩みをサポートするための専用電話相談設置


がんと診断されてからあなたはどのような毎日を過ごしただろうか?
申し訳ない、このページを書いている私は医療関係者だが、
がんの方の治療に携わった経験はあるが、がんにかかった経験はない。

実際にがんと宣告されて、これからのことを問うて
あまりうれしくない答えをもらった時に、
あるいは詳しい答えをもらったけれどもそれが理解できないとき、
医療関係者以外はそこからさらに踏み込んだ質問や調査が難しい。

遠慮もあるし、その時のパニックもある。
だが、時間がたてば落ち着くだろうと思ったらさらに不安になったり、
情報を断片的に集めれば集めるほど、
いったいどの情報を信じればいいのかがわからなくなっていく。

すっかり困ってこのブログを開いたものの、
満足できなくて去ろうとしているあなた、
お役に立てなくて申し訳ない。


ここで私が、ということではなくて、
福島県のボランティア団体の情報を載せる。
こちらは電話でがんの相談に乗ってくれる、
基本的にがんを経験した方による電話相談室だ。


がん110番:悩み打ち明けて


記事の内容は有用なのでそのままここに転載させていただく。
著作権を無視しているわけではないが、
この情報(記事)はそのまま乗せてこそ意味があると思うので、
以下に転載させていただく。


がん110番:悩み打ち明けて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080111-00000119-mailo-l07

がん110番:悩み打ち明けて 初の専用電話、20日に設置−−ひいらぎの会 /福島

1月11日13時0分配信 毎日新聞

 がん患者やその家族を支えているボランティア団体「ひいらぎの会」は20日、がん患者の相談を受け付ける専用電話「がん患者の悩み110番」を初めて設置する。多くのがん患者から悩みを聞き、会のスタッフが精神面での支援を行う。
 県内には現在、国指定のがん拠点病院が6病院あるが、「心のケアなど、どこに相談していいか分からない」という患者からの声を受け、同会は毎月、患者の悩みを聴く相談会を開いている。より多くの相談に乗ろうと、初めて電話窓口を設置することにした。
 電話の応対は、同会代表世話人、小形武さん(72)らがんを患った経験があるスタッフ3人。主治医以外の医師に意見を聴く「セカンドオピニオン」や、医師からホスピスを勧められたケースなどの相談にも応じるという。
 約15年前に進行性の胃がんを患った小形さんは「悩みを打ち明けるだけで、どれほど患者の気持ちが楽になることか。前向きな気持ちで病気に向かえば、治癒効果も期待できる。一人で悩まず電話してほしい」と呼びかける。
 相談電話番号は同会(024・558・0916)または(024・573・8133)。開設日時は20日午前10時〜午後4時。前者の番号は20日以降もつながる。【西嶋正法】

1月11日朝刊



以上が毎日新聞の内容である。
がんの悩みで困っているのであれば利用をお勧めしたい。

しかしひとつだけ、部外者ながら言っておきたいことがある。
ここに記載されている電話はあくまでもボランティアによって運営されている。
善意の元に相談を受けていてくれるわけで、
その労力は大変なものがあるが、善意と情熱だけで支えられている。

あなたの悩みを解決すると引き受けているわけでもなければ、
誰かに言いたい苦情を代弁して伝えてくれるわけではない。
そこのところはまちがえないように利用していただきたい。

感謝の念を常に忘れずに、
常識的な礼儀をわきまえてぜひ利用されたし。

代表世話人自らが進行性胃がんからの生還者である。
こんなに心強い相談者はいない。
ぜひ、大事にして長く続けていただけるように、
利用するあなた自身が配慮を忘れないでほしい。
posted by すきるすがん at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

スキルス胃癌の初期症状


症状
スキルス胃癌の初期症状はどんなものでしょうか?

スキルス胃癌は他の胃がんに比べれば非常に進行が早いものです。
他の胃がんが数年をかけて進むことを数か月で進むと言われています。

なんか変だなあ、と思いながら我慢していて、
我慢できなくなって病院に行ったら腹腔いっぱいに転移。
そこから大変な戦いが始まるのはよく聞く話です。

では、どんなことに気を付けていればわかるのでしょうか?

心配し過ぎない程度に、自分の体に気を配らなくてはなりません。
第一の症状は何と言っても普段と違う感覚です。
胃の違和感に注意するということですね。

最初の症状としては、なんとなく胃が張る、重い、
もたれ感があるというものです。
あるいはこれまでに経験のない胃の違和感がある、
あるいは断続的に鈍い痛みがあるといったものでしょうか。

胃は満腹感や空腹感を感じることができますが、
皮膚や口の中や肺ほど繊細な器官ではありません。
スキルスがんでは急速に癌細胞が胃壁の外側に広がりますので
胃壁が厚くなり、動きにくくなります。
そのために消化、蠕動活動が妨げられて変な感じが伝わります。

腫瘍に押し広げられた粘膜には潰瘍もできやすくなります。
これはあなたの体があなたに伝えてくれる貴重なチャンスで、
ここで鈍い痛みや不快感に気付きます。

潰瘍によって、あるいは胃の壁の厚みによるこの違和感は
空腹時や食後に感ずることが多いのですが、
次第に食事とは無関係に感じるようになります。

ちっとも具体的ではないですね?

でも、そんなものです。
何かここんとこ胃が重たいなあ、
そう思ったら是非、かかりつけのお医者さんに相談してみてください。

内視鏡では初期のスキルス胃癌は見つけにくいと言われますが、
かかりつけのお医者さんなら
あなたの体の変化に気づいてくれる可能性が高いのです。
posted by すきるすがん at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

スキルス胃がんの腹膜播種に効果的な化学療法

スキルス胃がんの腹膜播種に効果的な化学療法

スキルス胃がんを含む胃癌腹膜播種を伴う症例に対する
化学療法治療のトライアルが東京大学病院で行われ、
比較的よい成績を上げています。


スキルス胃がんの場合、進行が非常に早いために
発見していた時には胃全体に広がるどころか、
胃の表面の膜を飛び越えてこぼれおちたがん細胞が
おなか全体に広がっていることがあります。
これを腹膜播種と言います。

腹膜播種は読んで字のごとくに、おなかの中に接した腹膜の
あちこちに小さながんが無数に散らばって増殖している状態です。

最近でこそそのような状態なのかどうかをPETなどで
事前に観察できますが、以前は手術でおなかを開くまで
小さなたくさんの腹膜播種はわかりませんでした。

外科医がおなかを開けてみれば無数の播種。
外科的にすべてを取り除くことは不可能です。
外科医自身もがっくりして閉じて出てきたものです。



胃がんの末期にはこの腹膜播種になることが多いのです。
スキルス胃癌はもちろんのことです。

何とか抗がん剤が奏功することを期待して化学療法を試みていました。
しかし20世紀末ごろまで、有効な抗がん剤処方が少なく、
腹膜播種発見から1年以上生きる症例は少なかったのです。


東京大学の外科において、
胃がんの腹膜播種に標的を定めた化学療法がおこなわれています。

これは日本において開発されて、
画期的な抗がん剤の誕生だと言われたTS-1と、
卵巣がんなどに対して開発されたパクリタキセルを
組み合わせたものです。
これらを、腹腔内投与します。

この方法の優れている点はいくつかあります。

まず、抗がん剤の組み合わせですが、
TS-1という抗がん剤は昔から日本で使われていた
5FU系の抗がん剤であるテガフールを、他の薬剤との組み合わせで
長時間効果が持続するように工夫したものです。

テガフールなどの5FU製剤はもともと副作用が少なく、
経口投与でも効果を発揮することから
日本では胃がんなどの多くのがん患者の
外来治療に好んでつかわれていました。

抗がん剤としての効果は薄いことから
気休めの抗がん剤などといわれていました。
「副作用の弱さと効果の無さは比例する」
代表例のようにも厳しく評価されていました。

ですがこの薬理効果を複数の薬の組み合わせで持続させることで
効果を引き出すことに成功したのがTS-1です。

この薬は幸いなことに胃がんに対する奏功率が高く、
スキルス胃がんなどの術前投与にもよく用いられます。
経口投与もありますが、ポンプを設置して持続注入も行います。

胃がんに対する本当に有効な抗がん剤として
世界中で使われている唯一のとも言ってよい抗がん剤です。


一方、タキソールですが、これはもともと、
アメリカで乳がん、子宮体がんや卵巣がんへの
効果を狙って開発された抗がん剤です。

単独では胃がんへの効果はやや弱いのですが、
これをTS-1と組み合わせるとそれぞれの効果が相乗的に作用します。
そこで、これら2剤を組み合わせた療法をしようというわけです。

TS-1との組み合わせで奏功率が高いものにはシスプラチンがあります。
シスプラチンCDDPはさまざまながんに非常に効果的なのですが、
問題は副作用の強さです。

吐き気などの神経症状の強さに加えて腎毒性が強く、
輸液コントロールなどをきちんとしないと
副作用で腎不全ということになってしまいますので
入院して集中投与ということになります。

ですが、パクリタキセルとTS-1の組み合わせは
シスプラチンとTS−1に比べれば副作用がマイルドで、
うまくコントロールすれば外来での治療も可能です。

腹膜播種の患者さんは申し訳ないのですが、
胃がんのステージでいえば末期とみなされます。
余命を考えると、入院してシスプラチンを使った集中治療よりも
副作用のマイルドな治療でQOLの確保を目指すのが
今の医療の在り方です。

そのこともあってTS-1 とパクリタキセルの治療が
腹膜播種の化学療法として選ばれました。


これらの組み合わせの効果を高めたのが
皮下ポンプ設置による腹腔内持続投与方法です。

腹腔内投与は腹膜播種したがんの表面に
直接高濃度で接することで
抗がん剤の効果を存分に発揮します。

腹膜播種のがん細胞は小さいので血管もまだ十分に届いていなくて、
静脈からの点滴では薬が十分に届かないこともありますが、
腹腔内に直接放り込めば小さな播種にも薬が届きます。

タキソールに関しては腹腔内投与が劇的に効果的で、
腹水中の濃度は静脈注射の10倍から100倍、
そして全身への副作用は少ないことがわかりました。


さて、実際にどの程度効果的かということは、

東京大学の胃癌腹膜播種に対する化学療法のページをご覧ください。

このページから一部抜粋しますと、


従来の全身的な抗癌剤治療に腹腔内化学療法を 加えるこの方法は、
これまでの60例の経験では腹膜播種だけでなく
転移リンパ節や胃癌の原発巣にも高い効果が認められています。
また、全身に対する副作用 が比較的少ないため外来通院で実施可能で、
患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を
維持することができると考えています。

今回、私たちは腹腔内化学療法の安全性と有効性を厳密に確かめるために
臨床試験
「進行再発胃癌に対するS-1+パクリタキセル経静脈・腹腔内併用療法の
安全性および有効性に関する第 I/II 相臨床試験」
を開始しました。

対象となるのは次のような患者さんです。
(1)胃癌の術前検査で腹水あるいは腹膜播種が判明したため胃切除を行っていない方
(2)手術によって腹膜播種が発見された、あるいは洗浄細胞診陽性であったため胃切除が行われなかった方
(3)スキルス胃癌と診断された方
(4)胃癌が大きいため腹膜播種を生じている可能性のある方
(5)胃の主病巣や転移リンパ節が大きいため完全切除が困難と考えられる方

肝転移や肺転移などの臓器転移のある患者さんは対象に含まれません。
また、既に胃を切除された方や他の抗癌剤治療を受けていらっしゃる場合も
対象になりません。

(注)第 I 相試験は終了しました。
現在まで60人の患者さんに腹腔内化学療法を行い、
短期の安全性に問題のないことを確認しました。
現在、引き続き第 II 相試験を行っていますが、
奏功した患者さんに対しては腹腔鏡検査を行い、
腹膜播種が消失していれば肉眼的根治を目指した胃切除を行っています。


ということでした。

劇的に効果があったスキルス胃癌の卵巣転移例についても報告が載っています。

第T相試験は終了したということですが、
メールアドレスなども掲載されていますので問い合わせてみてください。
試験治療に参加する場合、国から研究費が出ますので、
治療費もある程度安く抑えることができるケースが多いものです。
(すべてそうであるとは限りません。)

もしも試験募集が終わっていた場合、

なにも必ず東京大学病院に行かなくても、
もしもあなたが主治医とよい関係を結んでいれば
このホームページの情報を提示して、
東京大学病院のこの試験治療の先生にもメールで問い合わせてもらって
現在通っている病院で治療が受けられる可能性もあります。

保険が適用されない治療法の場合は自費診療になり、
費用も莫大なものになる可能性はありますが、
残りの人生を充実して過ごすために
主治医と相談してみる価値はあります。
(主治医、病院の方針などケースバイケースです。)

この方法で完治する症例があるかどうかはまだ不明ですが、
腹膜播種が消失して2年経過して元気という症例もあるようです。

スキルスがんとの闘いのひとつの効果的戦術になりうると思われます。

posted by すきるすがん at 18:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。