スポンサーリンク



スキルスがんを内視鏡画像で見た写真、胃壁全体の硬化と膨隆、潰瘍部分からの出血を見ることができる。
スキルス胃がんの内視鏡画像(Wikipediaより)
特徴的な胃壁の硬化と膨隆を見る。
通常の胃癌のような火口型の潰瘍は認めない。

スキルス胃癌の初期症状


症状
スキルス胃癌の初期症状はどんなものでしょうか?

スキルス胃癌は他の胃がんに比べれば非常に進行が早いものです。
他の胃がんが数年をかけて進むことを数か月で進むと言われています。

なんか変だなあ、と思いながら我慢していて、
我慢できなくなって病院に行ったら腹腔いっぱいに転移。
そこから大変な戦いが始まるのはよく聞く話です。

では、どんなことに気を付けていればわかるのでしょうか?

心配し過ぎない程度に、自分の体に気を配らなくてはなりません。
第一の症状は何と言っても普段と違う感覚です。
胃の違和感に注意するということですね。

最初の症状としては、なんとなく胃が張る、重い、
もたれ感があるというものです。
あるいはこれまでに経験のない胃の違和感がある、
あるいは断続的に鈍い痛みがあるといったものでしょうか。

胃は満腹感や空腹感を感じることができますが、
皮膚や口の中や肺ほど繊細な器官ではありません。
スキルスがんでは急速に癌細胞が胃壁の外側に広がりますので
胃壁が厚くなり、動きにくくなります。
そのために消化、蠕動活動が妨げられて変な感じが伝わります。

腫瘍に押し広げられた粘膜には潰瘍もできやすくなります。
これはあなたの体があなたに伝えてくれる貴重なチャンスで、
ここで鈍い痛みや不快感に気付きます。

潰瘍によって、あるいは胃の壁の厚みによるこの違和感は
空腹時や食後に感ずることが多いのですが、
次第に食事とは無関係に感じるようになります。

ちっとも具体的ではないですね?

でも、そんなものです。
何かここんとこ胃が重たいなあ、
そう思ったら是非、かかりつけのお医者さんに相談してみてください。

内視鏡では初期のスキルス胃癌は見つけにくいと言われますが、
かかりつけのお医者さんなら
あなたの体の変化に気づいてくれる可能性が高いのです。
posted by すきるすがん at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64310671

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。