スポンサーリンク



スキルスがんを内視鏡画像で見た写真、胃壁全体の硬化と膨隆、潰瘍部分からの出血を見ることができる。
スキルス胃がんの内視鏡画像(Wikipediaより)
特徴的な胃壁の硬化と膨隆を見る。
通常の胃癌のような火口型の潰瘍は認めない。

胃がんでまたひとり、おしい人材を失いました。小田実という作家を知ってますか?

胃がんでまたひとり、おしい人材を失いましたね・・・。

小田実さんってご存知ですか?
「なんでも見てやろう」
っていう本、私は高校生の時に読んで衝撃を受けました。
自分で見ることの、自分で動くことの大切さ、
すごいインパクトありましたよ。

それからだもの、日本一周自分でしたいなあと
バイクの免許を取りに行こうとして親とけんかになったの(笑)。

結局、大学に入ってすぐにとって
うろうろうろうろしてました。

小田実さんは1958(昭和33)年、フルブライト留学生で米国へ。
その後、欧州や中近東、アジアを旅行し「何でも見てやろう」を発表したのです。

60年代には「ベトナムに平和を! 市民連合」(ベ平連)を結成。
そうです、あのベ平連の結成者なんですね。
その点では思想的に嫌いな人も多いかもしれないけど、
個人的には私もバリバリ保守なんですけど、

でも、小田実の「何でも見てやろう」は青春の良著です。
息子さんがいたらぜひ薦めて上げてください。
自分で読むのも楽しいかもしれないですよ。

読んでなかったらぜひ手にとってみてください。

ああ、俺はこの本にもっと早く出会ってたらなあ、
そう思うかもしれない。

でも、いいじゃないですか、今、出会えたんだから。
これからの人生で何でも見てやればいいのです。




小田実さんの業績しのぶ 東京で告別式
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000125-san-soci

8月4日16時25分配信 産経新聞

 7月30日に胃がんのため75歳で死去した作家、小田実さんの告別式が4日午後、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。葬儀委員長は、小田さんとともに「ベトナムに平和を! 市民連合」(ベ平連)を結成した哲学者の鶴見俊輔さん。生涯を平和の実現にささげた小田さんを悼む反戦平和運動の関係者や、親しかった編集者らが参列した。

 小田さんは昭和36年、世界を旅して著した「何でも見てやろう」で一躍注目を集め、その後は執筆活動とともに、ベトナム反戦をはじめとする平和、護憲の市民運動で最前線に立った。

 今年4月、知人らにあてた手紙で末期がんであることを公表。病室のベッドの上でも取材に応じ、最期まで平和への発言を続けていた。



近年は護憲を掲げる「九条の会」の呼び掛け人の1人に。
晩年まで「行動する作家」として平和運動に取り組んでいました。
深夜テレビの討論番組の左派論客としても有名だったし、
朝まで生テレビでうるさいじじとして
見覚えある人も多いのではないでしょうか?。


小田実さん、胃がんの末期になってからはそれを公開していました。

市民運動家の小田実さん、がんで闘病を告白
05/08 13:31

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/50828/
 作家で市民運動家の小田実さん(74)が8日までに、知人らにあてた手紙でがんで闘病していることを明らかにした。

 「ベトナムに平和を!市民連合」関連のホームページに公開された手紙によると、小田さんは3月にオランダ・ハーグへ出掛ける前に体調を崩し、その後トルコへも旅行したが、帰国後に病院で「末期−またはそれに近いガン」と宣告されたという。

 関係者によると、現在は東京都内で入院中。

 小田さんは手紙の中で「デモ行進に出ることも、集会でしゃべることももうありませんが、書くことはできますので、できるかぎり、書き続けて行きたいと考えています」と述べている。


小田実という男の生きざま、メディアの中で見せていただきました。
最後まで自分を貫いて、ある意味幸せな人生でしたね。

さようなら、小田さん。

私は私の人生を、あなたみたいにとはいかないけれど、
私自身として、反省はしても後悔はしないように
これからいっしょうけんめい、生きますよ。
posted by すきるすがん at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。