スポンサーリンク



スキルスがんを内視鏡画像で見た写真、胃壁全体の硬化と膨隆、潰瘍部分からの出血を見ることができる。
スキルス胃がんの内視鏡画像(Wikipediaより)
特徴的な胃壁の硬化と膨隆を見る。
通常の胃癌のような火口型の潰瘍は認めない。

胃がんの転移に対する抗がん剤カクテル療法

胃がんの罹患数は長らく日本がトップでしたが、
男性患者のパーセントに関しては最近、韓国がトップです。

食生活の因子と遺伝的な因子、
日本と韓国ではどちらも共通項が多いのでどちらとはいえまえんが、
でもひとつ、共通していてよいことがあります。

それはどちらかの国で治療法の進歩があれば、
片方の国はその恩恵を受けやすいということ。

その点では胃がん治療について韓国のケーススタディを調べるのは
大変大事なことであるといえます。

Annals of Oncologyの2007年1月号に載っていたのは
化学療法による転移胃がんの治療方法の検討についてです。
イリノテカン、オキザリプラチン、5FUとリューコボールの効果を、
未治療の胃がん転移患者に適用した成績検討です。



Ann Oncol. 2007 Jan;18(1):88-92. Epub 2006 Sep 13.

Phase II trial of irinotecan plus oxaliplatin and 5-fluorouracil/leucovorin in patients with untreated metastatic gastric adenocarcinoma.
Lee J, Kang WK, Kwon JM, Oh SY, Lee HR, Kim HJ, Park BB, Lim HY, Han MJ, Park JO, Park YS.

Division of Hematology-Oncology, Department of Medicine, Samsung Medical Center, Sungkyunkwan University School of Medicine, Seoul, Korea.

BACKGROUND: This nonrandomized open label phase II study evaluated the efficacy and safety of FOLFOXIRI in metastatic or recurrent gastric cancer patients. PATIENTS AND METHODS: Patients with histologically proven, metastatic gastric adenocarcinoma, aged 18-70 years, performance status zero to two, no prior chemotherapy, and with signed written informed consent were eligible. Treatment consisted of irinotecan 150 mg/m2 day 1, oxaliplatin 85 mg/m2 day 1, leucovorin 100 mg/m2 day 1, and 5-fluorouracil 2000 mg/m2 as a 48-h continuous infusion starting on day 1, which was repeated every 2 weeks. RESULTS: From August 2004 to August 2005, 48 patients were prospectively enrolled. The median age was 54 years (24-69). In total, 386 cycles were administered with a median of nine cycles per patient (range 1-12 cycles) and 45 of 48 patients were assessable for treatment response. An independent review of tumor responses resulted in overall response rate of 66.7% (95% confidence interval=53.4% to 80.0%) by intent-to-treat analysis with one complete response and 31 partial responses. The median survival of all patients was 14.8 months and the median time to progression was 9.6 months. Most common grade 3/4 toxic effects were neutropenia (12% of all cycles) and emesis (8% of all cycles). Grade 2 peripheral neuropathy occurred in five patients. One (2%) patient had severe tumor bleeding and five (10%) patients experienced grade 3 diarrhea. CONCLUSIONS: The modified FOLFOXIRI combination chemotherapy showed a very promising preliminary antitumor activity and was generally well tolerated as a first-line treatment of patients with metastatic gastric cancer.

簡単にいえばなかなか有効性が高かったということです。

この抗がん剤カクテルに関しては、
大腸がんで大々的に試験的投与が行われ、
良い結果が得られています。

イリノテカンは肺がんの治療明らかになったように
ある遺伝子型を持つ人に非常に有効ですが、
そうでない場合は普通の抗がん剤のイメージです。

問題はほかの抗がん剤に比べれば
副作用の間質性肺炎が出やすいということがあります。
とはいっても、このように
外科治療のできない転移した胃がんに有効であるのなら、
一つの選択肢として複合治療のトライアルはあり得るでしょう。
posted by すきるすがん at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47250573

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。