スポンサーリンク



スキルスがんを内視鏡画像で見た写真、胃壁全体の硬化と膨隆、潰瘍部分からの出血を見ることができる。
スキルス胃がんの内視鏡画像(Wikipediaより)
特徴的な胃壁の硬化と膨隆を見る。
通常の胃癌のような火口型の潰瘍は認めない。

スキルスがんの主な病理像である印環細胞がんには、悪性度の強いがんと弱いがんの2種類がある。

スキルスがんの主な病理像である印環細胞がんには、悪性度の強いがんと弱いがんの2種類がある。

スキルスがんはその細胞の病理像が
印環細胞がんがほとんどであることから

「印環細胞がんと診断されればすなわちスキルスがんだ!」

と、判断してしまいがちですが、
印環細胞がんという診断でもおとなし目の癌はあります。

スキルスがん、スキルス性胃がんという場合には
レントゲンやCT撮影で胃壁に広範囲に広がったがん組織を
疑わせる画像が確認できる場合です。

つまりスキルスがん、スキルス性胃がんとは
ひとつの症候群のようなとらえ方をしてもいいかと思います。
細胞一個一個の顔は印環細胞がんであることがほとんどですが、
粘膜下層に広く進展したものをスキルスと呼ぶと思ってください。

もちろん、最終的な判断は摘出した組織で判定します。


さて、ではスキルス性の印環細胞がんと、
そうでない印環細胞がんの違いはどこにあるかということですが、
それを見分ける病理学診断についての論文を上げておきます。

症例の検討をしているだけですが、
何か名を上げてやろうという肩肘張った論文ではないので、
逆に信頼できるかと思います(失礼)。


World J Gastroenterol. 2007 Jun 21;13(23):3189-98.
Phenotypic classification of gastric signet ring cell carcinoma and its relationship with clinicopathologic parameters and prognosis.
Tian MM, Zhao AL, Li ZW, Li JY.

Department of Pathology, Peking University School of Oncology and Beijing Cancer Hospital, No.52. Fucheng Road, Haidian District, Beijing 100036, China. lijiyou@263.net.

AIM: To distinguish subtypes of gastric signet ring cell (SRC) carcinoma by investigating the expression of gastric and intestinal phenotypic markers, and to study the significance of phenotypic classification in predicting tumor progression and outcome. METHODS: Immunohistochemistry was performed in 66 cases of SRC carcinoma with MUC2, VILLIN, CDX2, Li-cadherin antibodies as intestinal phenotype markers and MUC5AC, HGM, MUC6 antibodies as gastric phenotype markers, and the relationship was analyzed between the phenotypic expression pattern and clinicopathologic parameters, as well as the 3-year survival rate. RESULTS: Expression of intestinal phenotypic markers was positively associated with tumor size, wall invasion, vascular invasion, lymph node metastasis and tumor-node-metastasis (TNM) stage. Cases expressing one or more intestinal markers had a significant lower survival rate than cases expressing none of the intestinal markers. CONCLUSION: The SRC carcinomas expressing intestinal phenotype markers exhibited a high pro-liferative potential, bad biological behaviors and poor prognosis. Examination of phenotype expression may be useful in distinguishing histological type and in predicting the prognosis of gastric SRC carcinoma.

抄録の翻訳は以下です。

胃の印環細胞がんの表現型別分類および、臨床病理学的パラメーターと予後との関係

北京大学病理学、北京大学腫瘍学、北京がんセンター 
Tian MM, Zhao AL, Li ZW, Li JY

目的: 胃型、または腸型の表現型マーカーの発現を調べることにより、胃の印環細胞(SRC)癌の「副タイプ」を区別・分類し、腫瘍進行と予後を予測する際の指標とできないかを研究した。
方法: 免疫組織学検査は66件の症例のSRC癌で実行されて、MUC2、VILLIN、CDX2、Li-カドヘリン抗体を腸の表現型マーカーとして、MUC5AC、HGM、MUC6抗体を胃の表現型マーカーとして使用した。印環細胞(SRC)癌表現型パターンと臨床病理学的パラメーター、それと3年生存率の間で比較した。
結果:  腸型の表現型マーカーの発現は明確に腫瘍の大きさ、胃壁への侵潤、血管の侵入、リンパ節転移、および腫瘍リンパ節転移(TNM)分類のステージ進行度に関連していた。腸型の表現型マーカーを発言する症例では生存率が低い傾向にあった。
結論: 腸型の表現型マーカーを表すSRC癌は高い増殖性と、そして、悪い性質と不良な予後を示した。 表現型の検査はSRC癌の組織学的なタイプを区別して、胃のSRC癌の予後を予測する際に役に立つかもしれない。


ということで、印環細胞がんには二種類あるようです。
悪性度の高いものとそれほどでもないもの。

印環細胞がんと診断されただけでは

「スキルス性胃がんなのか!」

と、あわてないこと。


それともうひとつ、ここでこういう紹介をしましたが、
すべての病院でこういう検査ができるわけではないことを
ご了承ください。

posted by すきるすがん at 21:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
gucci チョコ
Posted by 流行 ブランド バッグ at 2013年07月19日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46851654

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。