スポンサーリンク



スキルスがんを内視鏡画像で見た写真、胃壁全体の硬化と膨隆、潰瘍部分からの出血を見ることができる。
スキルス胃がんの内視鏡画像(Wikipediaより)
特徴的な胃壁の硬化と膨隆を見る。
通常の胃癌のような火口型の潰瘍は認めない。

ステージIVの胃がんの化学療法で新しい可能性 ラムシルマブ

スキルス癌のみならず、遠隔転移のあるステージIVの胃がんの治療の効果に関してはここ数年はずっと横ばいだった。

もちろん、TS−1とシスプラチンという選択肢が21世紀の標準値量であり、1990年代に比べれば格段の効果を示したといってもよいのだけれども、その後のブレイクスルーというのがなかった。

それが通用しなくなったらパクリタキセルやイリノテカン、あるいはもう一度TS−1を使うという方法もあるのだけれども。


ここにきて、少し期待できる化学療法剤が出てきた。

ラムシルマブという分子標的薬で、正確には化学療法ではないが、薬物でがんの進行を止めようという意味においては同じだ。



ラムシルマブがターゲットにするのはVEGFR2という分子。

これは新しく伸びる末梢血管に発現する受容体で、血管増殖因子(VEGF)からの信号を受け取る分子。

これが機能しないようにする分子標的薬を投与することで、がんの栄養血管が作られるのを防ぐ。


がん細胞の塊は、どんどん成長するので、栄養と酸素を供給するためにどんどん新しい血管ができる必要がある。

この薬を投与することで、それが止められると、がんは大きくなることができない。

転移した先でも、新しい血管を呼び込むことができないから、定着しにくい。

VEGFRs.png

ということで、この薬は、すでにある大きながんの塊が大きくなるのを防いでくれる。

栄養と酸素を絶たれたがんの塊は徐々に小さくなることが期待できる。

あちこちん転移する新しいがんの塊の芽は、全く育つことなく死んでしまうことが期待できる。


これ、実際にどのぐらい有効かというと、

治療歴のある進行胃・食道胃接合部(GEJ)腺がん患者665例を対象に,ラムシルマブのパクリタキセルへの上乗せ効果を検討した。解析の結果,OSはラムシルマブ群9.6カ月,プラセボ群7.4カ月(中央値),ハザード比(HR)0.807(95%CI 0.678?0.962)とラムシルマブ群で統計的に有意な延長が認められた。

という報告がランセット誌に掲載されている。
(Lancet Oncol 2014; 15: 1224-1235)


つまり、パクリタキセル単剤に比べると、生存期間が20%程度は延長可能であるという結果だ。

完治するわけではなくて、あくまでも延長なんだけど、7か月半が9か月半に伸びる、人生最後の長さが2か月延びるのは歓迎すべきことだと思う。

その間に、もっといろいろ、会いたい人に会い、伝えたいことを伝え、自分の生きた証を心に刻み込んで、次の世界に行けるじゃないか。


とても大事な2か月だと思う。


posted by すきるすがん at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。